お金の勉強

最近、お金の勉強を子供と始めました。コンビニで購入した本に、子供のおこずかいについて書いてあったので、がぜんやる気が出てしまっていたんですが…。

例えば、子供のお金の教育として、毎週お手伝いを6個くらい設定し、毎週600円おこずかいを渡す、というもの。
一か月2400円って、小学生とかにしたらかなり多く感じますが、ここからがまた良いポイント。

まず、「必要なもの貯金」、「欲しいもの貯金」、「短期貯金」、「長期貯金」となるんです。
それで、ノートとか鉛筆など必要なものから、おこずかいを貯めて買うものは短期貯金、かなり大物を買うための長期貯金、
とわけるわけなんです。

これがまた、実際子供に管理させるとすぐに誘惑に負けちゃったりするんですが、でも「それじゃあ○○は当分買えないね」などというと、思いとどまったりするんですよね。

今、学生が気軽にローンを借りて、結構トラブルになったりしているようですし、早いうちにお金の勉強を始めても損はないかもしれませんね。

出典:学生ローン危険性