障害を持っている人にも。

みなさんは、障害を持っている方と接する機会ってありますか?私は以前は、まったくなかったんです。たまに駅で見かけたりするくらいだし、例えば車椅子だったりといった方なら、「普通にお手伝いしましょうか?」と声をかけることはできていましたが、それが一見して知的に大きな障害のある方であったりしたら、怖くて近づけない、という印象を持っていました。怖い、というのは、「この人には私の話している内容が伝わっているのか」という怖さが大きいように思います。

ところが、自分の息子に発達障害がわかり、小学2年生から通級で情緒学級にも通うようになり、一気に障碍児と接する機会も増えたんですね。発達障害だけではなく、脳性麻痺といった子たちもいたりして、でもみんな「○○のおかあさんだ!」と喜んで寄ってきてくれるんです。

そこで今、「ああ~、私の考え方は間違っていたんだなあ、みんな見た目だけで判断していたんだなあ」と反省するようになりました。困っている子には、声をかける。今後は徹底していきたいと思います!